【創業支援コラム】20151227 創業することの夢と期待

「創業することの夢と期待」

1.はじめに

  創業することは、人それぞれに夢があり、期待があります。また、これに反して、創業することへの不安があることも事実です。

 多くの創業希望者とお会いして、その相談を受けてきた経験を活かし、皆さんがどんな「創業することの夢と期待」をもっているか、また、どんな「創業することの不安」をもっているかを知ることにより、創業希望者の心の負担を少しでも軽くすることが、第一回と第二回のコラムの目的です。

 2.「創業することの夢と期待」について

 創業することの動機については、いろいろ話を聞いてみると、大まかに次のようなものです。

 ○ 自由に仕事がしたい。

 ○ 収入をもっと増やしたい。

 ○ 仕事の経験・知識・資格を生かしたい。

 ○ 事業経営ということに興味がある。

 ○ 自分の技術・アイデアを生かしたい。

 ○ 趣味や特技を生かしたい。

 ○ 社会に役立つ仕事がやりたい。

 ○ 時間や気持ちに余裕を持ちたい。

 ○ 年齢・性別に関係なく仕事がしたい

 ○ 適当な勤め先が見つからない。

 創業動機は、人それぞれ違ってきますが、長年感じていることは、動機が何であれ、「なになにのために創業するのだ」ということを、はっきりと主張できることが、一番大事なことと考えます。「なんとなく」「友達に誘われて」とかは、将来に疑問を残すことになります。

 まずは、「自分は○○のために創業するのだ」「自分は○○がやりたいのだ」と確固たる意思を確認してください。そして、他の方々はどんな気持ちなのだ?確かめてください。

 

横浜の税理士による創業支援コラムの最新記事

起業家のための無料相談受付中!

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!

新着情報